FRP成形 シートカウルを作る

0

    ↑年末、年始、実家の奈良にて

     

     

    気がつけば2月…

    なのに、年が明けて初のブログ更新…

     

    1月に取材のあった、オートメカニック誌での連載企画、今月発売されていますので、本屋に行く事があったら見てみて下さい。

    今回はFRPでシートカウルを製作する工程を記事にしてもらっています。

     

     

    ちなみに、今回の取材も2日間でした。

    実は、ただでさせパツンパツンのスケジュールの中、2日目の取材日の朝、保存しておいた樹脂が固まっていて使い物にならなくなっている事に気づき、「やばい!」って事で走った近所のお店はその日に限って臨時休業!?

    周辺のホームセンターに電話をかけまくり、ようやく車で50分の距離にあるお店で取り扱いを確認して、急いで買いに走るという、とんでもない失態をしでかしました。

    それで午前中の作業は出来ず、記者さんとカメラマンさんは待ちぼうけ…

    更に、次の日は大雪の予報が出るほど冷え込んでいたこの日、硬化剤を多めにしてもなかなか硬化が始まらず、もうグダグダでした…

    ↓ちなみに次の日

     

    夜の10時過ぎまで作業をして、まだベトつく樹脂を無理やり抜いたものの、どんな記事になるのか不安一杯の回となりました・・・(苦笑)

    ま、そんな裏話もありつつ、記事を見てもらえれば良いかな…と思います(笑)

     

     

    ちなみに普段、量産する事もないので雌型は石膏で作っているのですが、今回はその日の内に雌型を作り、製品を抜かなければならなかったので、水分が残った状態の石膏で抜くリスクを考え、FPRの雌型を選択しました。

    石膏の場合、型に補強を入れたりするのですが、今回もその要領で幾つか補強を入れています。

    記事を見てもらえれば分かると思いますが、ボール紙を立てて、それを樹脂で固めて補強を数箇所入れたんです。

    でも、これは必要かったですね。

    これを入れる事によって型の剛性が増し、離形する際に型のしなりがなくなって、なかなか抜けないんです。

    なので、リブ部の剛性は上げて、逆に型自体は補強もせず、更に薄く貼り込む方が良い事がわかりました。

    次回、もし記事の中で言及してもらえるなら、この事を付け加えてもらった方が良いかも知れないですね…

     

    話は変わりますが、今あるプロジェクトを抱えていまして、それにかかりっきりになっています。

    ブログの更新が出来ていない理由の一つがこれでもあります。

    まだその全貌は紹介出来ないのですが、実は、あるバイクの外装をFRPで作っているんです。

     

    しかも、ある程度量産予定なので、今回は雌型をFRPで作っています。

    何だか、雑誌の取材で練習したみたいになりました(笑)

    でも、先にシートカウルの様な小さいもので練習する事が出来て、正直、良かったかも知れません。

    ものがけっこうでかいので、分割タイプの雌型にしているのですが、どの程度の抜けの良さなのかという感覚を知らないと、分割する場所決めで失敗する危険性がありますから。

    なので、本当に助かりました(笑)

     

     

    とはいえ、ちゃんと抜けるかどうか…

    もうしばらく苦悩の日々が続きそうです…

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ブログでは書ききれないマニアックな情報をメールマガジンにて配信中!

    現在、過去のブログを更に詳細にまとめて連載しています。

    作業場を作るという事で、独立基礎の作り方を配信中です。

    登録無料!

    バイク作りやDIYに興味のある方は是非!

     

    会員登録はこちらから!


    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村         
    コメント
    寒い時に大変でしたね。大物作りも大変そうですが、スクーターの外装でしょうか?
    私が最初にタンクを作った時にはやはり分割型を作りました。ドゥカティ900SSのタンクでしたが、作業場が無い時だったので大変だったのを思い出します。今度の小さなバイクは原点に戻ってFRPでタンクを作る予定です。局面が自由になるのが楽しいです。デザインは固まりつつありますが、なかなか決定打が出ません。フレームのアルミ材だけは購入しました。4万円近い出費は随分と高く感じますが、先日デル・スラーラの井上さんはチタン材に8万円払ったとか。マフラー作りに励んでいます。やはりチタンは高く売れるのでコスパが良いそうです。ビードローラーも買い込んで、SRのオフロード改用のアンダーガードを作って販売しています。
    • Rockey
    • 2018/02/18 6:38 AM
    →師匠
    今年は年始の挨拶もせずに本当に失礼しています。
    もう年末からバタバタで、ちょっとへばり気味なんですが、このプロジェクトが終われば通常に戻るはずなので、今、踏ん張りどころです。
    この外装はスクーターです。
    また完成したらここで紹介したいと思いますが、昔のシルバーピジョンやラビットの様な、ちょっともっさりとしたデザインなんです。
    久々のFRPで大物なんで、ちょっと手間取ってます(苦笑)
    先生も今度はFRPのタンクですか。
    どんなデザインになるか、楽しみにしています!
    アルミのフレームにも挑戦したいですねぇ…
    まだもう少し先になりそうですが、これはホントやってみたいです。
    SRはやっぱり人気あるんですねぇ。
    専門店というのは強いですね。
    近所で汎用のチタンマフラーを作っている所は最近お店がなくなってしまいました。
    特化するのは重要ですね。
    自分もある程度自信もついたので、そろそろ広げた焦点を絞っていく時期かな…と思ってます。
    • しま
    • 2018/02/18 12:54 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>

       

       

    表現工房公式Facebook

    表現工房公式Youtube

    広告

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM