東京モーターサイクルショー2017

0

    3月末に行われた東京モーターサイクルショーに行って来ました。

    自分の第一の目的は北川製作所さん。

    3D計測の実演という事でブースを構えていたのですが、そこにGSX75S0カタナをMVアグスタ750SSにするというプロジェクトで作られた車両が展示されていたのです。

    実は、そのプロジェクトには自分も参加させてもらって、デジタルとアナログの融合という事で、自分はアナログを担当、アルミタンクの製作に携わる事が出来ました。

    ↓詳しくは北川製作所さんのHPの記事をご覧下さい。

    http://www.kgworks.co.jp/SUZUKI-GSX750SKATANA.html

     

    ↓実際に展示場での様子はこんな感じ。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    画像で実車の迫力が伝え切れないのが残念!

     

    で、この製作に大きな役割を果たした3D計測器とやら。

    ↓これ。

     

     

    どっかで見た事があるな…と思っていたら、アメリカの番組「アメリカンチョッパー」で見たんだと思い出しました。

    FARO社が創業30周年記念という事でPJDに記念バイクの製作を依頼して、その製作風景が番組になっていました。

    ↓ほら

     

    ポールジュニアが計測してる風に写っている画像がありました。

     

    ↓実際に作られたバイクはこれでした。

     

     

    で、ブースではこの機械の計測風景を実演していたのですが、このアームで計測したい物を撫ぜる様にするだけで、PC画面にこの様な結果が出て来るんです。

     

    これは、タンクの上にのっかっているバイクの模型。

     

     

    こっちは実際のバイク。

     

    誤差は0.1个世箸。

    3Dが測れるノギスの様な使い方をしてもらいたいと言っておられました。

    確かに、アイデア次第で色々と使える装置です。

    計測物を取り囲むようにしないとスキャン出来ないものと違い、計測器を動かす事でどんな大きさのものにでも対応出来ますし、設置も簡単。

    コストダウンも図れるでしょうね。

    今回のタンク製作でも、3D計測したタンクの正確なダンボール模型があったので、そこから形を起こすのは、一から作るよりずいぶん楽でしたから。

    こういうものがあるという事が知れて良かったです。

     

    しかも、ブースの横には、ちゃっかり自分が作ったエルシノア用のアルミタンクも展示してもらっちゃいました(笑)

    ↓しかも、うちの宣伝まで!

     

     

     

     

    「HK.Scrambler」はバイク関係の活動をする時に使おうと決めたうちの名前です。

    屋号の「表現工房」だとバイクっぽくないので…笑

    ま、これがどれだけ仕事に結びつくかはわかりませんが、良い記念になりました。

     

     

     

    ブログでは書ききれないマニアックな情報をメールマガジンにて配信中!

    アルミタンク製作動画の配信は終了しました。

    今回からのメルマガ内容はまだ考え中(笑)

    登録無料!

    バイク作りやDIYに興味のある方は是非!

     

    会員登録はこちらから!


    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村         
    コメント
    モーターサイクルショー、コラボできて良かったですね!私も19回、20回と出展しましたが、本当にいい経験になりました。嶋本さんのこれからの飛躍に役立つと良いですね。3D計測装置は30年近く前の削岩機時代に会社が実用化していましたが、パソコンの進化で本当によくなりましたね。屋号が沢山あって迷いそうです(笑)
    • Rockey
    • 2017/04/09 6:42 AM
    →師匠
    30年近く前にこういう計測装置は存在していたんですね!
    という事は、パソコンの進化のお陰で、大企業でなくてもこういう装置を導入出来る様になったというのは、もう一つの側面ですね。
    モーターサイクルショーは間接的な形でも参加出来て良かったです。
    自信にもなりました。
    屋号はホント、自分でも迷いそうです…苦笑
    • しま
    • 2017/04/09 9:43 PM
    パソコンを始めて36年が過ぎましたが、性能向上には目をみはるものがありますね。計測器は当時のマイコンで作られていました。8080という最初の8ビットのCPUです。パソコンが進化してその反面面白さは無くなってしまいました。バイクにも同様な物を感じます。先日旧車を持っている外国人が、少し不便なくらいが良いと言っていました。物が人に合わせるのではなくて、人が物に合わせている方が面白いですね。ロードスターでも同様な事を感じます。マツダの人は購入が多い年寄り向けに作っていると言っていましたが、何だか逆のような気がします。私が意固地な年寄りになっているだけなのでしょうか?(笑)
    • Rockey
    • 2017/04/11 6:41 AM
    →師匠
    パソコンの事はよくわからないのですが、乗り物に関しては誰もがそう思っていると思います。
    ついこの間もお客さん二人から「昔は車の洗車もしたけど、最近は全然しなくなった」と全く同じ内容の話を聞きました。
    使いやすく便利になったけど、愛着がわかなくなったという話でした。
    ちょっと話題がずれますが、最近の高齢者の事故についても、結局、企業が自動ブレーキやら自動運転やらの装備誘導の為に仕向けているんだと思ってます。(実際、高齢者より免許取りたての若者の方が事故が多いみたいですし)
    それより、ある一定の年齢を過ぎたらマニュアル車しか乗っちゃ駄目っていう事にする方が良いのではないかと。
    少なくとも急発進における事故はなくなるでしょうし、ボケ防止にもつながります!
    自分は間違いなく意固地かも知れません(笑)
    • しま
    • 2017/04/11 9:03 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

       

       

    表現工房公式Facebook

    表現工房公式Youtube

    広告

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM