エルシノアのタンク製作2

0

    試作品では別体で作っていたキャップ部の突起。
    結局、これは一体で作る事にしました。
    その為に準備したのが…
    ↓これ。
     

     
    ↓ハツリ用のエアーハンマーの先端に金槌の先を取り付けたものです。
     

     
    板金用のハンマーにプラニングハンマーというものがありますが、それの手持ち版ってところです。
    こっちの方が自由度は高いんじゃないかと思って作ってみました。
     
    で、実際に使ってみたところ、なかなか使えるのですが、裏側からばかりやっているとどんどん内側に丸まっていくのです。
    なので、どこかで表側からも当てた方が良いなという結論に至りまして、内側に当てる木製ドーリーを製作しました。
    ↓で、こんな感じになりました。
     

     
    右側にあるのが木製ドーリー。
    タンク上部の突起部とそれ以外の微妙な曲面をドーリーにしました。
     



    まだ均しは終わっていない段階ですが、最初の試作品ではうまくいかなかった突起部分への繋がりも自然になりました。
     
    で、次に前方のえぐり部。
    最初の試作ではすこし窪ませただけだったのですが、前回も書いた様にどうしてもデザイン的に決まらず、納得いきませんでした。
    なので、思い切ってしっかりとえぐってしまう事にしました。
    溶接が難しいのは分かっていたので、だいぶ悩んだんですけどね…
    ↓こんな感じ。
     

     
    ↓組み合わせるとこうなります。
     



     
    ↓ぐるっと溶接してからの漏れ検査。
     

     
    タンクが膨らんでしまわない様にタイダウンベルトで縛ってあります。
     
    ↓最後に磨いて完成です。
     



     
    最初の試作品よりずいぶん完成度は上がったと思います。
    ま、結局これだけ買い取ってもらって、量産の話はなくなってしまったのですが、新たな方法にチャレンジして、それなりに結果を出せたのは良かったです。
    後、前回も書きましたが、限定で10個はうちから販売予定ですので、興味のある方は連絡下さい。
    6月末までに予約していただいた方は15万円で販売予定のところ8万円で!販売しますので!
    ちなみに、画像では純正のタンクキャップですが、販売予定のものは新たに作る予定です。


     

     


    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村
    関連する記事
            
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

       

       

    表現工房公式Facebook

    表現工房公式Youtube

    広告

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM