ジャズのカスタム〜アルミタンク製作〜

0


    ずいぶん放置していたジャズのカスタム。
    雑誌の取材で定盤に載せたのをきっかけに、完成させてしまおうと決心しました(笑)
    まず取り掛かったのはガソリンタンク。
    レプリカタンクとは違い、寸分違わず作らなければならない訳でもありませんから、ドーリーは作らず、スタイロフォームで作った模型を見本に、アルミ板を叩いて成形していく事にしました。
    左右と底に3分割して、それを組み合わせる予定です。
    ↓まず左右の片側。
     

    ↓それを基準に反対側も作って組み合わせ。
     


    このタンクはフレームの中に入れる予定なので、ガソリンをどこから入れるか?!
    ↓…という事で、こんな感じで外側に出っ張らせる事に。

     




     
    なかなかヘンテコリンなタンクになってきました(笑)
     
    ↓位置決めをしたら溶接。

     


     
    ↓まだ底はないですが、だいぶイメージ出来る様になってきました。

     


     

    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村         
    コメント
    ご本人登場で気合が入っていますねぇ(笑)。
    一昨日しまなみ海道に行って、帰りは今治からフェリーで岡村島に渡りましたが、何とフェリーを降りる時にRB110Sのエンジンがかからなくなりました。プラグから火が出ていないので電装だとは分かりましたが、調べる為の工具もスペアプラグも無く、結局置いて帰り翌日車に積んで帰りました。原因はイリジウムプラグがダメになっていた事でしたが、まさか5000キロも持たないとは思いませんでしたが、これからはスペアを積んで行く事にしました。油断大敵です。
    バス停迄5キロと言われて島の道を汗をかきながら歩いていたのですが、ラッキーな事に、同じ南区から来ている人に出会い、その人の車で家まで送って貰いました。アンラッキーとラッキーが一緒に来た一日でした。
    • Rockey
    • 2016/05/22 4:42 PM
    →師匠
    一人でカメラを設置して自撮りしていると、かなり恥ずかしいものはあるんですが(笑)
    家まで車で送ってもらえたのはラッキーでしたね!
    5キロも歩くのはかなりきついですもんね…
    それにしても、プラグって急に駄目になるもんなのですね。
    自分も以前、あるバイクで突然エンジンが止まってしまって、プラグに火が飛んでいない事を確認した事があります。
    その時はまさかプラグだとは思わず、イグニッションからジェネレーターまで疑ってあれこれ余計な作業をしてしまいました。
    遠出をする時はプラグの予備は必要ですね。
    • 師匠
    • 2016/05/24 9:10 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

       

       

    表現工房公式Facebook

    表現工房公式Youtube

    広告

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM