ジャズのカスタム〜フレームほぼ完成〜

0
    前回、三又をぶった切って作ったセパハン。
    三又の材質が何なのかわからないので、もし焼きが入る様なものだと怖いなぁ…と思っていたところ、ステムは溶接してあるので高炭素鋼ではないのでは?…と指摘をもらいました。
    ああ!確かに!
    観察力不足!!
    ↓しっかり溶接すれば、このセパハンは使えそうです。
     
     
     
    さて、この日は先日曲げたパイプを本体フレームに溶接しました。
    とりあえず一本を取り付け、それに合わせて反対側も取り付ける作戦でいきます。
     
    一本目、こちらは難なく取り付け完了。
     
    で、二本目。
     
    何故か左右対称にいかないのです。
    パイプはジグを使って曲げてますからね、そんなに大きく違うはずはないのに…と思いつつも、一本目に曲げたパイプはちょっと気に入らなかった事もあったので、再度新たに曲げ直す事にしました。
     
     
    今度こそは!
    …と思ったものの、やっぱり合わない…
    何でかなぁ…と思いつつ、よくよく観察していると…
    ↓左右で角度が違いますやん!
     
     
    ちょっとわかり難いかも知れませんが、白い線を引っ張ってある部分です。
    幅的には1僂△襪ないか程度なのですが、突合せがずれてしまうのです。
    仕方ないので突合せ部分のみ辻褄を合わせて曲げる事にしました。
    ↓で、溶接完了。
     
     
    下側のフレームは、スタンドがある関係でまだ切り離していないのですが、最終的にはなくなる予定です。
     
    ↓仮組み。
     


     
    よしよし、イメージ通りの形になってくれました。
    今回取り付けたフレーム、やっぱりこれぐらいの緩やかな曲線が良い!
    これが一箇所だけの曲げで直線的につながっているだけだと、ちょっと違う気がするんですよね。
    この曲げに挑戦して良かったなぁ…と一人作業場でニヤニヤしてしまいました(笑)
    ま、感覚の問題なので、機能的にはどっちでも良いのでしょうけど…
     
    さて次は、タンクを作ってフレームの中に収める予定です。
    またあまり放置しない様にしたいと思います(苦笑)
     
     

    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村         
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

       

       

    表現工房公式Facebook

    表現工房公式Youtube

    広告

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM