エルシノアのレストア モディファイ

0

    先回、エルシノアのレストア&モディファイをしている事について少し書いたのですが、新たに「エルシノア」のカテゴリーを作って作業が進み次第、追加していく事にしました。

     

    さてこのエルシノア、本当にボロボロで、なかなか再生しがいのある車両です(笑)

    プラグに火が飛ぶとかそんな事を確認するレベルじゃなく、とりあえず完全に分解して、きれいにする事にします。

     

    ↓まずチャンバー。

     

    排気部分が妙に長い?!

    これは後から誰かひっつけたんでしょうね。

    ↓取り外してみると…穴が開くほどの錆!?

     

    ↓中もやばそうなので、ぶった切ってみました。

     

    うーん…これはどうしたものか…

    新たに作ってしまった方が良いかな…なんて思ってしまったりして、早速しばらく放置する事にしました(笑)

     

    次に取り掛かったのがエンジン。

     

    開けてビックリ!?

    ↓水たまってますやん!

     

    やばい!これは中身がどうなってるのか不安になってきました…

    ↓ピストンやシリンダーの状態はそんなに悪くなさそうなのですが…

     

     

    ↓クラッチ側…

     

     

    お、そんなにひどい状態じゃない。

    否、むしろけっこうきれい。

     

    しかしながら、プラスネジばっかでとまってます…

    なめそうで怖い…

     

    けど、そうは言ってられないので、意を決してショックドライバーとインパクトドライバーを駆使しつつ何とか緩めていきました。

     

    ↓で、クランクケース真っ二つ。

     

    ↓バラバラ。

     

    ああ、大丈夫そうだぁぁぁあ

    良かった…

     

    ↓クランクの芯も大丈夫。

     

    希望の光が差し込みました(笑)

     

     

    で、こちらは新たに作ったエルシノアのタンク。

    これは個数限定で販売予定のものですが、こちらはタンクサイドにホンダのウィングマークを入れる事にしました。

    ちょっとエルシノアの年代とは合わないのですが、古いデザインのものをパソコンでトレースし、カッティングプロッタで出力。

    ↓こんな感じ。

     

    ↓マスキングでサンドブラスト

     

     

    ↓塗装

     

    ↓マスキング

     

    ↓サンドブラスト

     

    ↓塗装

     

    ↓で、こんな感じになりました。

     

    ちょっと分かり難いんですけど、HONDAのロゴ部はサンドブラストのままなので、黒、金、白の三色です。

    細かい部分はもっと改善の余地ありなのですが、まぁ、とりあえずこれで良しとしておきます。

     

     

     

     

     

     

    ブログでは書ききれないマニアックな情報をメールマガジンにて配信中!

    現在、アルミタンクの製作工程を動画配信しています。

    登録無料!

    バイク作りやDIYに興味のある方は是非!

     

    会員登録はこちらから!


    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村
    1

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>

       

       

    表現工房公式Facebook

    表現工房公式Youtube

    広告

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM