CB400SS アーバンカフェ オリジナルマフラー

0

    前回作っていたマフラーが完成しました。

    やっぱ、黒と金って合いますよね。

    シンプルなデザインですけど、何だか高級感で出る。

    前に取り付けたアエルマッキだとか、今回のこういうバイクにはぴったりだと思うんです。

     

     

     

     

    ちなみに、今回のマフラーは本体25000円、ステー3000円、ジョイント部5000円の合計33000円で製作しました。

    引渡し後、オーナーさんから感想を送っていただいたのですが、満足していただいた様で、こちらも嬉しい限りです。

     

     

     

     

    以下、いただいたメール↓↓↓

    「ありがとうございました。かっこいいですね。greatです。相性も良いです。シングルの出足の鼓動、スピードがのってからの静けさ、サウンド、イメージした感じです。90キロまでの伸び上がり、M社さんより良いかも。笑

     残念は、嶋本さんのInstagramを拝見する楽しみが減りました。 また、どうぞ宜しくお願いします。」

     

    ここまで言ってもらうと、逆に恐縮してしまいます…笑

    秘密の製作物以外、いただいた依頼はお客さんに進捗状況が分かる様、インスタやフェイスブックにアップしているのですが、今回も見ていただいていた様でした。(話はそれますが、SNSってこういう使い方が出来て便利ですよね)

     

    もうキャブ車は絶滅危惧種ですが、こういう楽しみ方はキャブ車ならでは!

    「ここをこうすれば、こうなるんじゃないか」というアイデアでバイクをいじって、本当にそうなった時の感動は、バイクの醍醐味の一つでした。

    でも、排ガス規制の煽りを受けてどんどんいじれる場所がなくなって、そのうち内燃機の乗り物自体が公道を走れなくなる日が来るかも知れません。

    こんな趣味性の高い面白いものが絶滅するなんて考えたくないなぁ…

    何とか生き残る道を残してもらいたいもんです。

    もちろん、環境の事はどうでも良いなんて言わないですよ。

    環境や利便性の事を追求した乗り物と、趣味に特化した乗り物と、絶対的に後者の台数の方が少なくなるんですから、ちょっと排ガス出すけど大目に見てちょ!ってなもんですよ。

     

    ただ現状、大手メーカーが作る新車のキャブ車は手に入らないですもんね。

    これからどんどん昔のバイクの値段が高騰してしまうのか?

    はたまた、誰もそんな趣味性に目を向けなくなって、忘れ去られていくのか?

    後者の場合はもう終わりですけど、前者の場合でも、若い人が気軽に手に入れる事が出来なくなるので、その趣味性が理解出来ずに、いずれは絶滅するかも知れません。

     

    自分に出来る事といったら、微力ながらもこういうブログで魅力を発信する事ぐらい。

    一人でも多く「楽しそう!」って感じてもらって、バイクを手に入れてもらって、で、うちにカスタムしに来てもらえれば、自分もこの楽しい仕事を続けられますからねぇ(笑)

     

     

     

     

     

    ブログでは書ききれないマニアックな情報をメールマガジンにて配信中!

    現在、過去のブログを更に詳細にまとめて連載しています。

    作業場を作るという事で、独立基礎の作り方を配信中です。

    登録無料!

    バイク作りやDIYに興味のある方は是非!

     

    会員登録はこちらから!


    にほんブログ村 バイクブログ バイク カスタムへ
    にほんブログ村

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

       

       

    表現工房公式Facebook

    表現工房公式Youtube

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM